お父さんチビがいなくなりました1話ネタバレ「おーい」しか言えない父

この記事は6分で読めます

お父さんチビがいなくなりました。画像

 

こんにちわ。
ま~くんママです。

 

 

「お父さんチビがいなくなりました」1話のネタバレを紹介します。

 

「お父さんチビがいなくなりました」1話のタイトルは

「私、あなたの◯◯かしら」です。

 

 

◯◯に何が入るか気になっちゃいますよねw

 

 

では早速、
「お父さんチビがいなくなりました」

のネタバレをどうぞ~☆

 

 

(注)この記事はネタバレを含みます。
本を読む予定の方は、スルーされた方が良いような気がします♪

 

 

 

❚次女 菜穂子が家族の事、そしてこれから起きる事件を解説中

 

 

私の実家は東京の『ある下町』。

今年70歳になる父が37歳の時に建てました。

 

 

両親は、今年で結婚44年目。

 

 

子どもは全部で3人。

 

 

この町には商店街があって、
お母さんは、ここでよく買い物をしています。

 

 

お父さんも唯一の趣味「将棋」をする為に
この商店街にある会館に、休みの度に遊びに来ているみたい。

 

 

私はこの家の次女で名前は『菜穂子』。

 

大手飲料メーカーに勤務して今年で37歳。(独身・・・)

 

 

もう「いい年」だって事は私だってわかってる・・・。

 

 

簡単に私の恋愛事情をご紹介☆
(あまりいい話はナイケド)

 

 

この前までお付き合いしていた彼は、
同じ会社の同僚。

 

 

「この前まで・・・」

 

って表現したのには理由があって、
実は彼とは先日別れたばかり・・・

 

 

「今回こそは結婚出来るかも・・・」

なんて思っていたけど、ダメだった・・・。

 

 

フラレた理由は

 

「私が昇進して、彼が部下になるから・・・」

「しかも、私の方が彼よりも年下・・・」

 

そんな事が彼には許せなかったみたい。

 

 

お父さんもそうだけど
男の人って、

 

プライド

 

が高いみたい・・・。

 

 

でも、彼からフラレた理由が
「ウソ」

だった事は、別れた当日に気付いてしまったの。

 

 

もう新しい彼女が出来ていたみたい・・・

 

 

「別れ話」をした直後に、
新しい彼女と手をつないで歩いているのを見てしまったんだ・・・

 

 

彼のそういう軽い所が気に入ってたんだけど、
しょうがないよね・・・。

 

 

そろそろ、
『お父さんとお母さん』の事を紹介しないと。

 

 

お父さんは、
顔を見てもらえればわかると思うんだけど、頑固で仕事一筋の男。

 

お父さん、チビがいなくなりましたアイキャッチ

(お父さんの顔って頑固そうだよねっ)

 

 

無表情なんだけど
本当は色んな事を考えていて・・・。
(後半でジーンと来る場面も、たくさん出てきます^^)

 

 

今、70歳で、娘のワタシから見ても

「昔の職人気質」なタイプの人。

 

 

お父さんの口癖は、

 

「おーい」。

 

 

「おーい。と言えば、お母さんは何でもしてくれる。」

 

 

そんな風に思っているみたい。

 

 

テレパシーじゃないから普通なら無理。

 

っていうか、ワタシには絶対無理!

 

 

 

そんなお父さんを
今までずっと許してきたお母さんも悪いと思うんだよね。

 

 

お父さんは、
お風呂に入るとお母さんに、

 

 

「おーい!」

 

ってお風呂場から叫ぶの。

 

 

お母さんはさすがに
結婚歴が長いだけあって、
その「おーい」でもお父さんが何が欲しいのかわかるみたい。

 

 

お風呂場での「おーい」は、

 

「バスタオル持ってきて!」

 

っていう意味らしい。

 

 

バスタオルを持って行った後の

 

「おーい」は、

 

 

「パンツが欲しいという事」らしい・・・

 

 

夫婦って凄いね♪

 

 

 

最初から、「バスタオル」も「パンツ」も

持ってお風呂場に行けば良いのにね。

 

 

お父さんは70歳になった今でも、
現役で働く家族の大黒柱。

 

 

もう仕事なんか辞めてもいいのに、
男のプライドってやつかわからないけど、週に何度か会社に通ってるの。

 

 

手に技術があるらしくって、
定年したあとなのに役職が付いている。

 

 

役職はなんと、

 

「相談役」

 

という立派なポジション。

 

 

なんの相談をするのかわからないけど、
きっと、会社にはなくてはならない存在なんだよねっ。

 

 

お母さんは、お父さんの体を心配して
もうそろそろ仕事を辞めて、家でゆっくりして欲しいといつも思ってる。

 

 

たしかに、娘の私からしても
そろそろ趣味の将棋でも毎日やってゆっくりしてほしいなぁって思うんだけど、

 

 

昔の人って

「自分がこうだ!

って思ったら、前しか見えないみたい・・・。

 

 

お母さんは

「今度ゆっくり温泉でも行きたいな。」

 

 

なんて、話かけるんだけど
お父さんは聞こえているのに、

 

いつも聞こえないフリ・・・。

 

 

こんなに心配してもらって幸せ者だよね。

 

 

 

こんなにも、
お父さんの事を心配しているお母さんなんだけど、最近マジギレしちゃったみたい。

 

 

 

お母さんの友達が、
今度夫婦揃って「温泉」に旅行に行くんだって。

 

 

 

で、その夫婦ってとっても仲が良くって、
旦那さんは奥さんをとっても大事にしてあげているの。

 

 

奥さんに対して、
言葉でいつも、『感謝の気持ち』を表現してくれるんだって。

 

 

いつも、

 

「おーい」

 

しか言わないお父さんとは大違い・・・。

 

 

そんな友達が、
仲良く手を繋いで買い物をしている姿が羨ましかったみたい。

 

 

 

でね、お母さんは今度、

 

「2人でどこかに、旅行でも行きたいね」

 

って話かけるんだけど、お父さんはそれを

 

 

無視しちゃったの・・・

 

 

 

前からお母さんは、
お父さんの体の心配をしてあげてるのに、

 

 

ずっと無視ばっかりしてるから・・・

 

 

 

お母さんは、猫のチビには
この思いを打ち明けていたみたいなんだけど、

 

 

そんな事を言われたって、「チビ」は困っちゃうよねっ。

(チビは猫だし・・・。でも、13歳だからわかっちゃうのかな・・・)

 

 

 

このあと、お母さんの心の中に

 

「長年溜め込んでいた思い」

 

が爆発しそうです・・・

 

(熟年◯◯の危機です・・!)

 

 

 

お父さんとお母さんの
◯◯◯◯を心配する菜穂子の憂鬱・・・

 

 

そして、お母さんはいつお父さんにその想いをぶつけてしまうのか?

 

 

続きは、
「お父さんチビがいなくなりました」本編か、

 

次回2話のネタバレに進んでみてください。

 

 

 

 

「お父さんチビがいなくなりました」は、
完全無料で試し読み
出来るので気になった人はこちらをチェック!

 

 

「お父さん、チビがいなくなりました」

 

(※ 「おとうさんちび」)と検索してください)

 

 

 

次回、
「お父さん、チビがいなくなりました」2話

 

➡「胸騒ぎの夕方」

のネタバレ記事はコチラからどうぞ~

 

 

お父さん、チビがいなくなりましたアイキャッチ

(頑固そうなお父さんと、優しそうなお母さんが熟年◯◯の危機!)

 

 

「お父さんチビがいなくなりました」
1話タイトル

 

「私、あなたの◯◯かしら」の◯◯に入る部分。

 

アナタはどんな言葉が入ると思いますか?

 

 

何か良い言葉があれば、コメント欄にどんどん投稿してくださいね!

(もちろん、匿名で構いませんよ!)

 

たくさんの「◯◯」お待ちしていまーす☆彡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

=========

うちの旦那がこんな漫画を見ていました・・・

 

チキショー∠( ゚д゚)/

 

ビッチが田舎にやって来た

http://matematikogretimineyaklasimlar.org/6101.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。